• HOME>
  • 顕彰制度

【名誉校友称号授与】(平成25年度創設)

本学では、平成25年に小樽商科大学名誉校友の称号授与制度を設立しました。

  1. 各界において本学の名誉を高めた方
  2. 本学の学生に対し、顕著な教育的援助を与えた方
  3. 本学の教育研究の進展に顕著な貢献があった方

に対し、「名誉校友」の称号を授与し、その功績を讃えるとともに、永く後世に伝えることを趣旨としています。(上記2.については、個人で100万円以上1,000万円未満、法人においては300万円以上1,000万円未満のご寄附をいただいた方なども対象とさせていただいています。) さらに、上記の各号において、特に本学の名誉を高めた方、特に顕著な教育的援助を与えた方、特に教育研究の進展に顕著な貢献があった方(2.については個人・法人で1,000万円以上のご寄附をいただいた方)に特別名誉校友の称号を授与します。

「名誉(特別名誉)校友」称号授与者には、表彰式において「名誉(特別名誉)校友記」、「記念品」及び「名誉交友(特別名誉校友)名刺」の贈呈を、また、本学事務棟のエントランスにある「名誉校友(特別名誉校友)銘板」にお名前を刻印させていただいています。

名誉校友 記念品


【感謝状の贈呈】(平成25年度創設)

本学では、平成25年に小樽商科大学感謝状の贈呈制度を設立しました。

  1. 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
  2. 本学の教育研究の進展に貢献をしたもの
  3. 本学の学生及び関係者に関わる事故等において、救助活動、人道的支援等により多大な貢献又は協力があったもの
  4. その他前各号に掲げるものに準ずると認められるもの

に対し、「感謝状」を贈呈し、その功績を讃えます(上記1.については、個人で20万円以上100万円未満、法人においては20万円以上300万円未満のご寄附をいただいた方なども対象とさせていただいています。)。

感謝状授与者につきましては、贈呈式において「感謝状」と「記念品」を贈呈します。

ミニ屏風型写真立 丹頂鶴

■ミニ屏風型写真立 丹頂鶴

なお、名誉(特別名誉)校友称号授与と感謝状授与は、大学への直接的なご寄附の他に、小樽商科大学の同窓会である、「公益社団法人緑丘会」及び「公益財団法人小樽商科大学後援会」を経由して大学にご寄附をいただきました方も対象としています。


小樽商科大学オリジナルカレンダーの贈呈について

本学の基金(教育振興基金及び修学支援基金)に寄附された皆様への謝意を表しまして、記念品を贈呈します。

ご寄附のあった年の翌年のカレンダーを贈呈します(送付時期:12月)。四季の小樽及び大学の風景と、そこで自由闊達に学ぶ学生の写真を掲載しますのでご高覧いただければ幸いです。記念品は、名誉(特別名誉)校友・感謝状授与者へも贈呈します。

(記念品の内容については変更する場合があります。)

■記念品:【小樽商科大学オリジナルカレンダー】


国の褒章制度について

本学に個人で500万円以上、団体で1,000万円以上を寄附された場合、紺綬褒章の対象となります。

紺綬褒章

国の褒章制度の一つで、公益のために、私財を寄附した個人または団体に授与されるものです。
国、地方公共団体又は公益団体(公益を目的とし、法人格を有し、公益の増進に著しく寄与する事業を行う団体であって、当該団体に関係の深い府省等の申請に基づき賞勲局が認定した団体)に対する寄附が対象となり、本学は公益団体に認定されています。

なお、同窓会である、「公益社団法人緑丘会」、「公益財団法人小樽商科大学後援会」を経由して本学に寄附された場合も対象となります。


名誉校友のご紹介

※ご芳名(法人名)の掲載についてご承諾いただいた方のみ、掲載させていただいています。※敬称略

ご芳名 該当号 授与年月日 備考
井上 一郎 第2条第3号 平成26年7月25日 本学の教育研究の進展に顕著な貢献があった方
鎌田 力 第2条第3号 平成26年7月25日 本学の教育研究の進展に顕著な貢献があった方
新山 邦幸 第2条第2号 平成26年7月25日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
小原 喜雄 第2条第2号 平成27年6月30日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
齊藤 愼二 第2条第3号 平成28年7月 8日 本学の教育研究の進展に顕著な貢献があった方
清水 卓治 第2条第2号 平成28年7月28日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
澤田 芳郎 第2条第2号 平成28年6月23日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
富山 憲一 第2条第2号 平成28年6月23日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
舟本 秀男 第2条第2号 平成29年6月13日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
米林 榮夫 第2条第2号 平成30年1月29日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
(株)メビウス製薬 第2条第2号 平成30年6月13日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
島崎 憲明 第2条第2号 平成30年7月17日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方
三村 孝子 第2条第2号 平成30年7月17日 本学の学生に対し顕著な教育的援助を与えた方

感謝状授与者のご紹介

※敬称略

ご芳名(法人名) 該当号 授与年月日 備考
北洋銀行 第2条第1号 平成26年7月23日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
緑丘会計人会 第2条第2号 平成26年7月23日 本学の教育研究の進展に貢献をしたもの
吉江 庸男 第2条第1号 平成26年7月23日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
外園 光一 第2条第4号 平成27年4月 2日 その他前各号に掲げるものに準ずると認められるもの
小塚 邦夫 第2条第4号 平成27年4月25日 その他前各号に掲げるものに準ずると認められるもの
前田 英昭 第2条第1号 平成28年6月20日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
向田 直範 第2条第1号 平成28年6月27日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
小樽商科大学 生活協同組合 第2条第1号 平成29年6月21日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
札幌信用金庫 第2条第1号 平成29年6月23日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
小樽南ロータリークラブ 第2条第1号 平成29年6月23日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
庄司 俊雄 第2条第1号 平成29年6月27日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
桶谷 喜三郎 第2条第4号 平成29年9月13日 その他前各号に掲げるものに準ずると認められるもの
岩渕 秋雄 第2条第4号 平成29年9月13日 その他前各号に掲げるものに準ずると認められるもの
中村 典雄 第2条第4号 平成29年9月19日 その他前各号に掲げるものに準ずると認められるもの
前川 勝美 第2条第1号 平成30年6月5日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
河村 寿郎 第2条第1号 平成30年6月5日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの
西出 尚 第2条第1号 平成30年6月5日 本学の学生に対する教育的援助を与えたもの

【顕彰制度】についてのお問い合わせ先

小樽商科大学基金事務室(総務課内)

〒047-8501 小樽市緑3丁目5番21号

TEL:0134-27-5204 
FAX:0134-27-5213 

メールでのお問い合わせ